2017年2月20日月曜日

躾 電車内で騒ぐ子供達



小田急線の電車内での出来事
子供には責任はないが
私の横に座る女の子3人が車内で騒いでいる。
目の前に立つ母親らしき二人
大人はスマートホンに夢中で
子の騒ぎを止める様子もない!!


2017年2月19日日曜日

恒久平和を願う道 広島〜長崎430km

立ち上がれない!
足腰の節々やあらゆる筋肉が重度のダメージを受けているようだ。
しかし、これも原爆投下で苦しんだ人々に比べれば、大きな問題でもない。


広島〜長崎430km




8月6日午前零時広島原爆ドームをスタートした僕は
広島、山口、福岡、佐賀そして長崎の巡礼の道を辿った。

8月9日午前11時2分
長崎に原爆が投下されて約8万人の人々が灰になり、
そして原爆が原因でその後遺症に苦しんで死んでいた。
僕の親戚や身内も多くが原爆の灰の下に眠っている。


三年前から遺族者として長崎平和式典に出席することになる。

それは僕の叔父ちゃんやおばちゃんも原爆の生き残った人々のひとりである。
しかし、高齢化が進みすでに他界して、僕達の年代が順番として
参加しなければならなくなったのだ。


今年も昨年に続き安倍首相が広島及び長崎での平和式典に参列された。
歴代首相と比較しても異例である。

安倍首相への平和への誓いと崇高な意思を感じてならない。
平和とは自分たちで守らなければならない。空気や水のような
当たり前にそこにあるのではない。

世界を見渡せば、人間の憎しみや差別、偏見など
その闇が紛争があらゆる地球のあちらこちらに存在していることでも理解できる。
ましてや、世界の憲法である国連憲章を無視する中国は
近隣諸国で冒険的な野望を進めている。

話せばわかると信じる平和主義者は、この事態をどう説明するのだろ
戦争反対だと叫ぶ日本人は、いったいどこへにその主体を置くのだろうか?
世界の人々への平和の願いは、必ずしも日本人との価値や思考が相違している。

宗教や文化など異にする人々に、同じ舞台に立つことがいかに困難なことが理解できていないのが分かる。



2017年2月18日土曜日

畳一畳への悟り



畳1畳だけのスペースで人は逝く。
旅立つ人の携行品は少く魂ひとつが残る。



私のミニマムシストの人生価値観は、そこにあるのだ。

四国霊場1400km
走る遍路として22日で結願した時の我が悟りなり


2017年2月17日金曜日

器と箸:一汁一菜

Coco_9
器と箸:一汁一菜



昔は日本も貧しい国でした。昨今は世界一位の債権国であり、世界一の金持ちな国なのです。それも22年連続の金持ち国です。

貧しい時代の昔の日本は、現金はなくても米と野菜だけは豊富な時代でした。
そして人々もお互いに協力しながら、貧しい生活を耐えていたのです。
電気もガスのない生活は今は考えられませんが、人々のつつましい暮らでした。
いまにして思えば、そんな環境や原体験が、私の生活感覚の潜在的なベースになっているようです。


そして「一汁一菜」を基本にしておけば、いろんなことが、とりあえず大丈夫な気がしています。

2017年2月13日月曜日

さらば!!東京電力よ!




自然環境に優しい電気会社
Lo oopでんきをオススメします!

これまで電気と言えば、例えば東京電力などの殿様商売的で選択肢のない独占企業のイメージが強いです。


しかし、近年のいわゆる電力自由化により電力会社を選ぶことができる時代に突入しました。










では、Lo oopでんきどこが凄かといえば

一般家庭での”おうちプラン”ですが、

電気料金プランは、すごく斬新なんです!

というのも基本料金がタダ、0円なんです。


使った分だけ、電気料金をお支払い。基本料金は0円!


多くの電気料金プランは「基本料金(固定費)」+「従量料金(使用した電気量の料金)」となっていますが、
Looopでんきは、基本料金が0円。使った分だけ電気料金を払う電気料金プランとなっています。 
※基本料金0円について、今後新たな期限を定める場合があります。


2017年2月11日土曜日

3nd Authentic Fhidippides Run (Ateena-Sparta-Ateena, 490 km)





2017年大会に挑戦します!
Authentic Phidippides Run (Ateena-Sparta-Ateena, 490 km) USEFUL INFORMATION
The Athletic and Cultural Club Athenian Runners (ATHINAIOI DROMEIS) in close collaboration with FAOS mountaineering CLUB is in the position to announce the:
“3nd Authentic Fhidippides Run” Athens-Sparta-Athens 490 km 17-22/11/2017.
More information soon…
Ο Αθλητικός Πολιτιστικός Σύλλογος «ΑΘΗΝΑΙΟΙ ΔΡΟΜΕΙΣ», σε συνεργασία με τον Φυσιολατρικό Αθλητικό Ορειβατικό Σύνδεσμο (Φ.Α.Ο.Σ.) προκηρύσσει την διεξαγωγή του αγώνα
«3ος ΑΥΘΕΝΤΙΚΟΣ ΦΕΙΔΙΠΠΙΔΕΙΟΣ ΔΡΟΜΟΣ» ΑΘΗΝΑ – ΣΠΑΡΤΗ – ΑΘΗΝΑ 490 χλμ 17-22/11/2017.

Περισσότερες πληροφορίες σε λίγο…


2017年2月10日金曜日

Ultra-Run ning for peace:From hiroshima to Nagasaki 430km

At the Nagasaki Atomic Bomb Museum.
I


t was summer of the second grade at a high school that I watched this photograph for the first time.
The Nagasaki Atomic Bomb Museum which came by the divorces of the parent for the first time during the days when a heart was dark.
The day when it was dropped an atom bomb on Nagasaki on August 9.
Entering a building charges of the Nagasaki Atomic Bomb Museum become free on that day.
I was indifferent to Nagasaki atom bomb then.
The Atomic Bomb Museum which came in such a summer.
In the hall, the horrible photograph which wants to cover up my eyes cannot have
so many.

2017年2月9日木曜日

癌と重曹



重曹とは何か?




炭酸水素ナトリウム(たんさんすいそナトリウム、sodium hydrogen carbonate)、別名重炭酸ナトリウム(じゅうたんさんナトリウム、sodium bicarbonate。重炭酸ソーダ、略して重曹とも)はナトリウム炭酸水素塩である。

昔からよくアク抜きやお菓子作りに使われている物と思い浮かべるのは私だけではないはずです。



今、環境と体に優しい昔ながらの天然素材重曹が、現代病の最大の難敵”癌”を抑える力をもっているとして大きく脚光を浴びている。



では、重曹の効果を調べることにしました。
簡単ではありますが、その効果として一般的に知られているその効果を紹介します。



2017年2月8日水曜日

土佐の別れ

四国霊場
39番札所 延光寺

修業の道場と言われる高知ともこれでお別れ。このあたりで距離的にはお遍路全体のちょうど半分くらいらしい。


魔の55号線をひいひい言いなら走ったのが懐かしく思える。
室戸岬から海沿いを歩き続け、足摺岬をぐるっとまわってこの地まで走てきた。
文字通り高知の端から端まで歩いてきたのだ。

2017年2月7日火曜日

Day10:shikoku Pilgrimage 四国霊場108番所巡礼走り旅1400km

Day10:shikoku Pilgrimage 四国霊場108番所巡礼走り旅1400km 私見的お遍路さん

旅程:第38番金剛福寺〜第39番延光寺
日付:2016年5月27日金曜日
天気 雨
距離 約84km  累計距離 約歩行距離歩行距離646km

四国霊場 修行の道場http://www006.upp.so-net.ne.jp/kajikimaguro/henro/

はじめに
僕は、2016年初夏に四国霊場108番札所(別格20番札所)1400kmを野宿走り旅で22日間で結願した。
そして、10日目の巡拝記である。

昨夜の瞑想

松尾トンネル 一夜のトンネルを寝床とする

高知県足摺岬での雄大な自然の情景に大きな興奮と感銘を得ることができた。
その余韻を噛みしめるように僕はしばらく海原のある太平洋を時間を忘れて佇んでいると、過ぎゆく時間をも忘れさてくれる。どんよりと曇った黒く染まり、水墨画のように白黒の世界と変化しているのだ。
足摺岬は観光スポット、一度は訪ねてみた岬でもある。
だが今は刻々として海原に浮かび漆黒の雲の中に隠れつつある太陽にあるように
夕闇が迫ってきている。そして小さな雨が身体を濡らしている。